スレッドビュー過去ログ@DoGA_BBS000210
| サイトTOPへ | このBBSの使い方 | DoGA_BBSに戻る |
検索ワード
≪ 久しぶりに悪口No.4迷惑書き込み ≫

[ No.1281 ] 完結型擬似ブーリアンパーツ
■投稿者: 家主
■添付ファイルがあります << 090214.jpg(61613 Byte) >>090214.jpg(61613
…さて、投稿禁止を解除してみるか。

hookyが公開している「擬似ブーリアンパーツ」は「ナベフタのセット」みたいなモンで、口の開いた内面パーツに超透明でフタをしてある構造だ。
これを開放型擬似ブーリアンパーツと呼ぶとしよう。
これは、平面に穴を開けて、その下に段落ちや彫り込んだ様な形状を作る事だけを考えた物だ。

これに対して、たかつさんが提示した別のあり様。
とりあえずここでは完結型擬似ブーリアンパーツと呼びたいと思う。
これは、パーツを両面化して、内側の面に普通のアトリビュートを、外側の面に超透明を適用するという、実に合理的な構造だ。
開放型と比較するなら、口の開いてない内面パーツを超透明で包むような感じだ。
正直、これを思いつけなかった自分にショックを受けた。
それはさておき、完結型は開放型に比して非常に扱いが楽だ。
実面(作画される面)と虚面(超透明の面)が同一かつ裏表の為、何処にどんな風に配置しても、消えるべき面はスパッと消えて残るべき面はしっかり残る。
穴の縁の作画が怪しくなったりする心配が無い。

また、パーツを実作するのも楽である。
例えば、基本パーツの「球」を改造して作る場合。
まずメタセコイアでパーツを開き、次に材質パネルからGINIE.ATRを読み込む(hooky製擬似ブーリアンパーツを導入していれば、OverTraというアトリビュートが一番下にある)。
材質パネルから「BODY_M」を選択、オブジェクト全体を選択(Ctrl+B)して「面に現在の材質を適用」、続いて「面を両面化」する。
次に、材質パネルから「OverTra」を選択、「材質」ツール(M)を選択して、面を一つ一つクリックして材質を書き換える(内側の面の材質は変えない)。
終わったら別名.sufで保存する、これだけ。

そうやって出来た擬似ブーリアンパーツでグラーフアイゼンの排気シリンダーをパンチして穴を開けたのが上の画像。
比較:hooky.taiyaki.me/futb/filestore/070505a.jpg
円筒ではなく球を使用し、半分まで埋め込む事で断面に若干のテーパーとアールを付けてみた。
あとはロケット部分の細工をすれば一応完成って事でいいかな…。
| 投稿日: 2009年02月13日 (金) 04:56:25 |

  • [ No.1282 ] これはすごい
    ■投稿者: 松梅魂
    見事に排気口だ!
    このやり方なら装甲の傷を表現したりとか、かなり色んなことに使いやすそうですね。

    メタセコでの作り方ですが、二つコピーを用意して

    外面) 面方向そのままで超透明化
    内面) 面方向反転してBodyM指定

    としたものを合成する、というのはどうでしょう。
    いちいち面を選択する手間が省けると思います。
    | 投稿日: 2009年02月13日 (金) 21:31:02 |

  • [ No.1283 ] 松梅魂さんへ
    ■投稿者: 家主
    やあやあ、どうもお久しぶりです。
    ネットから離れていた為反応できませんでしたが、修正エクシア、とてもいいと思います。
    セブンソードまで見られるとは眼福。

    > このやり方なら装甲の傷を表現したりとか、かなり色んなことに使いやすそうですね。
    そうですね、岩パーツを改造した物を使って、装甲が戦闘で深く抉れた様な金属の傷表現とか面白そうです。
    今まではバンプマップか傷込みの自作パーツ作るしかなかったでしょうからね。

    > メタセコでの作り方ですが、二つコピーを用意して
    >
    > 外面) 面方向そのままで超透明化
    > 内面) 面方向反転してBodyM指定
    >
    > としたものを合成する、というのはどうでしょう。
    > いちいち面を選択する手間が省けると思います。
    なるほど、確かにその方が簡単ですね。
    ちょっと思いつきませんでした。
    | 投稿日: 2009年02月14日 (土) 17:37:18 |
■レス: 2 件

≪ 久しぶりに悪口No.4迷惑書き込み ≫
SIMPLY_IMG V1.6 Script by YASUU!!